ギフトカード

ギフトカード


Posted on 21st 12月, by アップル in 学校情報, 育児・子育て. No Comments

一昨日、雪が降りましたわ、久々に雪道の運転にビビった私です、はい手 (チョキ)
雪道っても家の前だけ雪が積もっていて、高速道路などは車が朝早くから走っていたのでも雪は溶けていました。でも雪道の運転ってやはり慣れませんわ。
それはさておき、今日は「ギフトカード」についてお話します。

我が家の長女は日本の幼稚園に通っていますが(アメリカ在住ね)週2回。本日無事に今年の幼稚園が終わりました。
今日はクリスマスパーティって事で歌を歌ったり皆でご飯を食べたりと短い時間ながらとても楽しかったです。
娘が歌を歌っている姿をみて、ウルウルとしてしまったのは年のせいにしておきますが。
でね、幼稚園が終わった後に、お世話になっている先生方にクリスマスカード&ギフトカードを差し上げました。勿論、各自いくらずつ出し合って、合計してギフトカードを買うと言う感じなんだけど。
日本じゃあまり考えられないよね。

アメリカの学校、殆どこのようにクリスマスにはクリスマスカード&ギフトカード、そしてバレンタインデー、最後の年(日本で言うと修了式かな)
その時に、それぞれギフトカードを渡すのよ、、どうなの?これって。
だって、ギフトカードっても10ドルだったり20ドルだったりするわけよ、クラスに20名生徒がいたら、20×10ドルとしても2万円よ、、、(いきなり円で述べちゃったけど)
なんだか美味しい話よね。しかもアメリカの学校って、日頃お母さん達がボランティアをするのよ、このボランティアってのも先生の授業を手伝ったり、掃除のお手伝いをしたり、、って。
先生働いているの?って感じだけど、とにかく、うーん?って感じよね。勿論、長女が通っている幼稚園の先生達は日本人で、しっかりと教えてくれるし、やる事はやってくれるから、全然いいと思うのよ(ギフトカードを渡しても)
でもさ、これから長女も、次女もアメリカの学校に通う訳、その年数×ギフトカードの値段を考えると、、頭が痛いわ。
でもこれがアメリカ式なのよね、仕方ないわよね、これに従うしかさ。

まぁそんな訳で、アメリカでは昨日や今日、多くの先生が生徒さんからギフトカード&クリスマスカードをもらったと言う訳。
景気のお役に立ててるといえばいいけど、ちょっとバカにならない金額だからね。フム。

そんな訳で、3週間のおやすみをへて、また来月から長女幼稚園に通います。
来週はクリスマス、主人のご両親がくるのよね。。掃除をしなきゃだわ。
何より、食べ物を事を考えないと、、、あぁ、頭痛い。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:アップル プロフィール:アメリカ在住。 アメリカカルチャー、日本カルチャー、両方を取り入れて子育て中。



コメントを残す