ブルーベリー畑にて

ブルーベリー畑にて


Posted on 6th 4月, by 中川奈々子 in お仕事・趣味, 育児・子育て. No Comments

私は、隣の家まで300mという田舎に住んでいます。
周り中ほとんど田んぼか果樹園。

りんごやなし園があって、白い花を咲かせる五月は
青々とした田んぼとあいまって、
本当に素晴らしい風景になります。
小学校は複式学級。
全校生徒は40人と言う、まあのどかというか、過疎化というか…。

そんなド田舎に、なんと企業が入ってきました。

びっくり。

でも、企業といっても店舗や工場ができたわけではありません。

何枚もの田んぼを買い取って、
そこにたくさんのブルーベリーを植えたのです。
突然、ブルーベリー畑が生まれました。

ただ、苗を植えたばかりですから、
収穫できるのはまだまだずいぶん先になることでしょう。

なんでそんなことに?
と不思議に思っていました。
しばらくして、その企業の社長夫婦のお話を聞く機会がありました。

そこの企業の社長夫妻は、発達障がいやアスペルガー障がいなどの
子どもたちを支援する活動をしていて、
このブルーベリー畑を、就職が難しい子どもたちの働く場にしたい、
とのことでした。

NPO法人ではなく、きちんと収支がでる会社にして、
就職のむずかしい子どもたちを支援したい。

ゆくゆくは観光農園にして、観光客を招きいれ、
採れたものもジャムやケーキにも加工して、
この地域の特産物として販売していきたい。

素晴らしいビジョンです。
力のあるひとの考えるプランは、大きくていいなあ、と感心してしまいました。

それが、実際どんな風に運営されて、どんな風に成長していくかは、
まだまだ分かりません。

そのご夫婦には、そういった障がいのある子どもさんがおられるようでした。
我が子が生きがいを持って働ける場所が、見つからないなら、自分たちで作ろう!
と思った末のことだったのでしょう。

現在、コミュニケーションが苦手な子どもたち、また大人たちは
やはり就職先が見つかりにくいというのが現状だと思います。

この地域に、そういった人たちが働くことができるシステムが
生まれたら、素晴らしいなあ、と心から思うのです。

この人たちが植えたのは、ブルーベリーと、未来なんでしょうね。
慈しんで、大きく茂ることを心から応援しています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:中川奈々子 プロフィール:多摩美術大学卒。ガラス作家・銅版画家・イラストレーター。 現在4人の男の子の子育て中です。 古都金沢でガラス工房を営みながら、日々の古都暮らしや子育てについてあれこれ綴っていきたいと思います。 http://shellstudio.web.fc2.com/index.html http://ameblo.jp/shellstudio/ 遊びに来てね!! HP:shellstudio ブログ:金沢古都暮らし



コメントを残す