子育てはお互い様です

子育てはお互い様です



子育てはお互い様です

保育園時代はあまりなかったけど、
小学生になってくると増えてくる、お友だち付き合い。
「○○ちゃんちへいってきまーす!」
ってやつですね。

保育園時代は、我が家の環境もあって、
ほとんどお友だちのおうちへの行き来はありませんでした。

田舎なので、車で行かなくちゃ行かんのですよ。

しかも、小さい子ども同士にして置いて来てしまう訳にもいかず、
すると、相手のおうちに上がる、または自宅にお招きするという形に
なってしまうのですね。

主婦にしてはけっこうなハードル。

保育園の親御さんというのは、平日昼間は基本働いているお母様方ですし。
家族がやっとそろう土日に、のこのことお邪魔もできません。

と言う訳で、意外と顔を合わすことがないんです。

ところが、小学生になるととたんに子どもたちもわらわらわらわらわら、
動き出します。自転車などという夢のつばさを手に入れてしまったら、
そりゃもうマッハでゴーッってなもんです。

現代の子どもたちは平日はけっこう忙しい。
塾やプールやテニスや柔道や太鼓やよさこいやそろばんや空手や書道や。
この過疎化している地域ですら、これだけの習い事の種類があります。

となると、必然的に土日。
勝手に約束してきて、
「土曜日、10時から○○ちゃんと○○ちゃん来るから」
ええーっ。まあいいわ。じゃお昼食べさせてあげるから、
1時まで遊ぼうか。2時からは、きみたちスイミングだからね。

そしたらついでに○○ちゃんも来た。
いーよいーよ、もともと4人いるところが5人になっても6人になっても
あまり変わらないから ← 本 当 で す。

なんだかどれがわが子かわからない状態で4時間ほど、
ほったらかしにしておきました。

途中、中カラのカレーライスをはさんで。
小さいベビーなジャガイモがたくさんあったので、丸湯でして、
皮を向いたつるりとしたのを、ごろごろほおりこんでおいたら、
「このジャガイモきってねえーっ!嘘ーっ!」って騒いでいた。
かわいいなあ。

そして午後、それぞれのママが三々五々、回収に来ました。
そのとき、赤ちゃんのいるママにえらく感謝されました。

「ふたりの子どもが、ひとりになると、本当に助かるの」

わかります、その気持ち!!!

そうなんですよね、兄弟ふたり、そのうちひとりが小さい子だと、
本当にママ一人では手に余るんです。
あっちもこっちも何とかしようとして、片手片足でがんばっているんです。

オムツを代えてる横で牛乳をひっくり返され、
電話がかかってきてるところへ兄弟げんかで小さい方が大泣きで、
買い物に行けば、アカンボをベビーカーに入れてる間に上の子がちょろちょろと飛び出して…

手が4本欲しい!
と思うところなんですよね。

ところが不思議、三人四人になってくると、意外とまとまるんです。
小さい子の面倒も、見てくれる気の利いた子が出てきたり。
お互いにプライドを持っているから、
「ママーッ!!」って叫ばなくなります。(多少は、ってレベルですけど。)

子育て中はお互い様だから。

助けられるものなら助けてあげたい。
助けてもらってきたから。
こっちも半分おぼれているので、
できることしかできないけど。

世の中のママ、一人じゃないですからね。
お互いに、お互い様だからね、がんばっていきましょう。

子どもはまとめておいた方が楽チンなんですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:中川奈々子 プロフィール:多摩美術大学卒。ガラス作家・銅版画家・イラストレーター。 現在4人の男の子の子育て中です。 古都金沢でガラス工房を営みながら、日々の古都暮らしや子育てについてあれこれ綴っていきたいと思います。 http://shellstudio.web.fc2.com/index.html http://ameblo.jp/shellstudio/ 遊びに来てね!! HP:shellstudio ブログ:金沢古都暮らし



コメントを残す