子育て中の専業主婦の大変さ

子育て中の専業主婦の大変さ


Posted on 4th 5月, by みずたま in お仕事・趣味, 育児・子育て. 1 Comment

私は子育て中の専業主婦です。娘が産まれたばかりのころは専業主婦な事が当然だったのですが

娘も1歳半ばになり、そろそろ回りのママさんも仕事復帰をする人も増えてきました。

そして最近友達たちから向けられる言葉は「まだ働かないの?」「いつかは働くんでしょ?」っていうものです。

グサリ・・・がく〜 (落胆した顔)です。気にしている・・・という事は私はきっとまだ働きたくないんだと思います。

でも、何でしょう専業主婦の肩身の狭さったら本当にないです。バッド (下向き矢印)

専業主婦は楽してる、暇なんでしょ、子供と遊んでればいい、など世間の冷たい目は正直あります。ダッシュ (走り出すさま)

現に私もバリバリ夜勤などもこなしていた独身時代・・・専業主婦ってのん気でいいなと思っていました。

でも、実際やってみて、のん気だけじゃやってられないんだなと身をもって知りました。もうやだ〜 (悲しい顔)

朝起きて朝食やお弁当作り、そのあと洗濯をして少し片づけをしていたらあっという間に午前中の用事。

銀行に行ったり、買いものに行ったりしていたらもうお昼になりご飯を食べて朝からの食器の片付けや

お風呂掃除、洗濯物を畳んだりアイロンをかけたりしていたらあっという間に夕飯の準備

旦那さんが帰ってきてご飯を食べて、お風呂に入って、後片付けをしていたらもう寝る時間です。

専業主婦だから、「ちゃんと」やらないとって思っちゃうんですよね。仕事してないんんだから・・・

遊んでると思われるのは嫌だからって私は思ってしまい、なかなか手抜きはできません。あせあせ (飛び散る汗)

専業主婦の1日の例がこんな感じだとして、子育て中の専業主婦にはさらにこの中に子育てが入ってきます。

まだ子供が小さければ、泣きやまない赤ちゃんを何時間もゆらゆら抱っこしながらだったり、2時間起きの授乳だったり、

1時間ごとに夜泣きで起きてしまう赤ちゃんのお世話でほとんど寝てなかったり、大人のごはんを作りながら

離乳食も別で作っていたり、少しでも離れると泣いてしまう後追い期の子供の相手をしながらの掃除だったり、

お外で走り回って遊ばないと力が発散できない子供を朝と夕方公園へ連れて行ったり、ぐずぐず泣いたり大騒ぎする子

を連れての買いものだったり、ご飯を上手く食べれなくて1時間つきっきりで食べさせたり、夕飯の準備をしていると

ぐずり出して相手をしの繰り返しで全然前に進めなかったり・・・涙

これをしながらの家事って、のん気ですか?暇そうですか?

って、言いたいけどきっと専業主婦のママさんはそんな事いえないんだと思います。私もそうだけど、やってみて

初めてどんだけ大変な事か理解できたんです。やってみたり、何かしら近い状況になったことがないともしかしたら

解りにくいのかも・・・いや、現に私がそうだったなって思っちゃいます。

近くで見ているはずの旦那さんでさえ解らない人が多いんですから。もちろん、家事や育児をしてくれている奥さんに

とっても感謝をしてくれる旦那さんもいるんですけどね。

専業主婦だから大変じゃないとか、仕事をしてる人はたいへんだとか、そういう決めつけが取り払われて

それぞれの立場を尊敬して感謝し合えるように皆の考えが変わったらいいなぁと密かに願っています。

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:みずたま プロフィール:2010年12月に娘を出産しました30代のママです。 のんびり楽しく育児しています。 最近は英会話教室や地域の育児サークルに参加したり、ツイッターで知り合ったママさんたちとお茶会をしたりしています。 趣味の写真を活かしてママと子供の親子写真を撮る活動もしています♪



“子育て中の専業主婦の大変さ” への1件のフィードバック

  1. こんにちは。
    5歳と1歳の男の子の母38歳です。

    検索していてたまたま読みました。
    完璧にやらなきゃ、と思いつつ思うようにいかない。
    すみからすみまでみずたまさんのおっしゃることに
    共感し、エールを送りたいと思いました。

    私は二人目が生まれるまで働いていたので、
    正直、専業主婦って楽よね、というか、
    遣り甲斐もなさそうで何が楽しいのかしら~
    ママ友との悩みとかも、私には関係ないわ~
    と思っていました。

    でも専業主婦になってわかりました。
    その大変さが。
    仕事は自分のスケジュールを管理できるけど、
    子育ては子どもという相手がいるから予定通りいかない。
    会社で働くストレス、通勤のストレスはないけれど、
    どちらが大変と比べることはできませんね。

    2人目が生まれ、退職、上の子も保育園をやめ、
    プリスクールに入り、ママ友との交流がはじまりました。
    そして、価値観ががらっと変わりました。
    子どもと本気で楽しく遊び、子どもの教育のことを
    真剣に考え、ご主人がほとんど休みがなくても
    愚痴も言わず、子どもの誕生日パーティーにも
    手を抜かず。私にとっては衝撃的でした。
    みんなどうやって時間のやりくりしているの?
    夜ごはんは何を作ってるの~?
    私より若いママ友たちにアドバイスをもらいました。
    専業主婦ってすごい!
    ママ友ってありがたい!

    そのママ友の仲間では、復職する人もいましたが、
    仕事をする方がいいという価値観はなく、
    あくまでそれぞれの選択。
    私も、会社で働くより子どもといたい、と思うようになり
    在宅で働くことにしました。

    その昔、子どもが生まれる前に専業主婦だった時期があって
    そのころは、働く夫の大変さがわからなかったんです。

    お互いの立場を理解し尊重する、それができたら
    本当に素晴らしいですね!

    みずたまさんも育児に趣味に、楽しんでいらっしゃる
    ご様子、素敵です!肩身の狭い思いをせず、
    思いっきり楽しんでくださいね!

コメントを残す