ボーイズ・イン・キッチン

ボーイズ・イン・キッチン


Posted on 5th 3月, by 中川奈々子 in 子供の健康, 食事・料理. No Comments

ボーイズ・イン・キッチン

男子厨房に…
なんて発言をしたりする人は今やほとんどいないんじゃないですかな。

ちょっと前までは、男の子に料理を教えようとすると、
おばあちゃんがいそいそとでて来て
「そんなぁ、男の子にかわいそうな…」
なんて言われて、嫁姑バトルが始まっちゃったりしたものです。

今はキッチン男子はモテモテ?

それは本当かどうかは分かりませんが、
保育園でも、男女一緒にサンドイッチを作ったり、
ケーキにデコレーションしたりと
楽しみながら料理への興味を育ててくれています。

せっかくですから、
家庭でも男子どんどんキッチンに入っていただきましょう!

というわけで、我が家ではまず食後の洗い物、皿拭き、お片づけは
子どもの仕事ということになっています。

ですがこの下働きの部分って、子どもにもつまらないんですよね。
ちょっと嫌々…というのが見え見え(^^;)
まあママだって面倒くさいから頼んじゃっているんですけど。
しかも決してキレイになってるわけじゃないので、
結局自分がもう一回チェックしたりして二度手間だったりね。
とほほ。

でも、ここは下働きばかりではなく、
キッチンの楽しみも分かち合わないといけません。

我が家では、保育園の頃は、フルーチェやプリン、ホットケーキにバターやはちみつを塗る係をしてもらっていましたが、小学生になるとを火と包丁を使う許可がでます。
もちろん親同伴ではありますが、ベーコンエッグからスタートして、スクランブルエッグ、ニンジンやジャガイモを切ってカレー作り、お味噌汁づくり…。

ただ、子どもをキッチンに入れるのって、危ないし、汚れるし、時間もかかるので、
心に余裕がないとなかなかできないもんです。

日々あわただしく過ごしていると、
「やりたーい!」
と言って来ても、
「ああ、今度ね」って答えちゃう。

できるだけ土日にはそんな時間をとって行きたいなあと思っています。

やはり、自分の食べるものくらい、できれば一緒にいる友達の分くらいの
簡単なご飯を用意できるような人間になっていて欲しいものです。

この春から、長男が高校生になりますが、
素敵な申し出が!!
「おれ、お弁当自分で作りたいんだけど」

次の日の朝から、まずは大好きな甘めの「卵焼き」の練習をし始めました。
弟たちの朝ごはんに振る舞い、絶賛されて、超ご機嫌です。

「明日はキンピラつくりたい」
さっそく図書館から「お弁当」の本を借りてきて、勉強開始。
すごい!
三日坊主にならないように見守ってあげたいと思っています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:中川奈々子 プロフィール:多摩美術大学卒。ガラス作家・銅版画家・イラストレーター。 現在4人の男の子の子育て中です。 古都金沢でガラス工房を営みながら、日々の古都暮らしや子育てについてあれこれ綴っていきたいと思います。 http://shellstudio.web.fc2.com/index.html http://ameblo.jp/shellstudio/ 遊びに来てね!! HP:shellstudio ブログ:金沢古都暮らし



コメントを残す