離乳食〜食べてくれない赤ちゃん対策

離乳食〜食べてくれない赤ちゃん対策


Posted on 28th 3月, by きよママ in 食事・料理. No Comments


息子も5ヶ月になり、楽しみにしていた離乳食が始まった頃・・・ひよこ

いっぱい食べて大きくなってほしいdouble exclamation

美味しそうな顔、嬉しそうな顔が見たいdouble exclamation

そう思って、頑張って離乳食を作っているのに、なかなか食べてくれませんでしたもうやだ〜 (悲しい顔)

おかゆのかたさ、野菜のゆで具合など、思いつく限り調理方法は工夫したのに、一向に食べてくれる気配がなく・・・バッド (下向き矢印)

そこで一念発起して、調理方法以外でも、いろいろ試行錯誤してみたら・・・おにぎり

離乳食中期には、モリモリ、人一倍食べてくれるようになり、体重もグングン増加グッド (上向き矢印)

毎日、離乳食タイムが始まると、キャッキャと声を上げて喜んでくれるようになりましたわーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)

いっぱい食べてほしいと願って、調理方法以外にいろいろと試してみて効果があったことをまとめてみました わーい (嬉しい顔)

 

クラブ 食事の時の環境の見直し

離乳食を食べさせようとしても、どうしても、気が散ってしまう様子だったので、パパにも協力してもらい、離乳食の最中には、必ずテレビを消すようにしました。

また、子供の視界に、おもちゃや携帯電話、リモコン、ゴミ箱など、興味を引く物が入らないように、座る位置を工夫したり、食事前に片付けたりするようにしました。

食器やスプーンにも興味津々なので、時々遊んでしまったりはするのですが、これでかなり食事に集中してくれるようになりましたわーい (嬉しい顔)

 

クラブ  生活リズムの見直し

おっぱい・ミルクの時間はほとんど定まってきていたのですが、お昼寝がなかなかタイミングが合わず、離乳食中に眠くなって、ぐずってしまったりしていました。

そこで、ぐずり解消の為に、離乳食前の時間に、お昼寝をしっかり習慣づけるように心がけました。

 

クラブ 食事にかかる時間の見直し

せっかく作った離乳食。食べてほしくて、ついつい長時間頑張ってしまったりしていたのですが、食事にかかる時間を決めて、子供があまり食べたがらない日は諦めるようにしました。
クラブ 間食(?)の見直し
間食、というか、食事をしてくれなかった分、好きな果物を後から追加であげてしまうのが、習慣化してしまっていたので、これをやめてみました。食事をしなかった分は、ミルクでカバー。
低月齢でもあげられる赤ちゃん煎餅なども、外出時などに気分を紛らわすなどの時以外は、あげないようにしました。
黒ハート ママはリラックス
進まない離乳食・・・、悶々と悩んでいた時に、
「大人だって、食が太い人もいれば、細い人もいる。昨日、焼き肉食べたから、今朝はあんまりお腹が空いてないなー、パンだけでいいかなぁーなんて日だってある。赤ちゃんも同じ。」
「大人になっても、おっぱい飲んでる人なんて、一人もいない。」
と、ウチの母から言われました。
・・・あぁ、そんなもんかもなぁ、と、肩の力が抜けたのを覚えています。
それからは、「なんで食べてくれないのーパンチむかっ (怒り)」ではなく、
「昨日は焼き肉でしたかね?猫2ま、仕方ないか」と思えるようになりました。
眉間にしわ寄せて、スプーンを口に押し込まれるより、ニコニコ顔のママから「あーんハートたち (複数ハート)」してもらったほうが、赤ちゃんも嬉しいはず・・・冷や汗 (顔)
これだけいろいろ工夫しても、それでも食べてくれない、そんな時もあるさ、そう思うようにしていたら・・・。
気がついたら、うちの息子、同じ月齢のお友達の赤ちゃん達の中で、一番の食いしん坊に育ってました・・・ブタたらーっ (汗)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:きよママ プロフィール:



コメントを残す