お友だちがガブッと。

お友だちがガブッと。


Posted on 10th 4月, by 中川奈々子 in 保育園・託児所. 2 Comments

お友だちがガブッと。

新しい年度が始まりましたね。
この四月から保育園や幼稚園にに行き始めるお子様も多いのではないでしょうか。

今までおうちでママと楽しく過ごしてきたわが子、さてさて園でも楽しく生活ができるかな?
と、ママもどきどきですよね。

毎年、実はこの時期の保育園は阿鼻叫喚!!
ママと離れたくない!! と叫ぶ子どもで玄関はごった返しです。

いやーーっと絶叫する子、涙をしゃくりあげ、ママのスカートを握って離さない子、きびすを返して逃げ出す子…それを見て思わずお母さんも涙々。

泣き喚くわが子を何とか先生に託して、園を後にしたものの、10分後には様子を見に戻っちゃうママもおります。私の知り合いのママは思わず
「やっぱりウチの子は無理!  今年はやめときます!」と叫んじゃってました。
もちろん一ヶ月も経ったら笑い話になりましたが。

まずは慣らし保育や午前中だけの登園などで、ゆっくりペースをつかんでいきましょう。この世の終わりみたいに泣いていても、慣れてくれば5分もたてばケロリとしたものです。

そして、子どもたちにとって、新たな世界との触れ合い、言い直すとバトルが始まります。おうちの中で王子様お姫様アイドル太陽として愛されて大事にされてきた子どもたちですが、
なんとそれが1ダースもそろうのです。

お着替えもおかたづけも、黙って立っているわけにはいきません。
ご飯だって、ひっくり返す前に手を出してくれていたママはいません。
気に入ったおもちゃだって、そう簡単には貸してもらえません。

それだけだって大変なのに、周り中王子とお姫様なのです!誰も自分の言うことを聞いてくれない! 
まあお互い様なのですが、今までの、大事に大事に育てられてきた環境との違いに、子どもたちは大騒ぎです。

そして自分の要求を通すためには、最終的に武力行使も致し方ないとの判断!!

結果…
「すみません、お友だちとちょっとやり取りしているうちにガブッとやられてしまいました」
と先生にすまなそうに言われる日が来るのです。

見るとわが子の腕にはくっきりと丸く歯型が。
お前のお友だちはサメかーいっ! と突っ込みたくなりますが、
ここでお母さんはカーッとなってはいけません。
「そのおうちはどんな教育をしてるのかしら!」とか「先生が見てないから!」なんて怒ってはいけません。相手から謝罪がない! なんてことになっても放っておきましょう。

一週間もしないうちに、
「実はお宅のお子さん、○○ちゃんに噛みついちゃったんです」
しかも、やっちゃった相手は無実の女の子で、かわいいまるいほっぺに青あざくっきり。
なんて、脱力するような事件が発覚したりします。

意外と、怪我をした方には情報が行っていても、させた方には特に連絡がない場合もあります。
知らないのは親御さんばかりなり、ということもあるのです。

お小さい方々の団体生活では、本当に「やったりやられたり」で、「お互い様」。
毎日のことですから、もし泣いて帰ってきて
「いじわるされたーっ!!」なんて言われても、ママはおおらかに抱きしめてあげて、
よしよししてあげましょう。
だいたいそれで大丈夫。明日には元気に登園できます。
ここはママも耐えるところです。預けたら、お任せする。
お子さんを信じて、園を信じて、思い切ってわが子を預けてくださいね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者:中川奈々子 プロフィール:多摩美術大学卒。ガラス作家・銅版画家・イラストレーター。 現在4人の男の子の子育て中です。 古都金沢でガラス工房を営みながら、日々の古都暮らしや子育てについてあれこれ綴っていきたいと思います。 http://shellstudio.web.fc2.com/index.html http://ameblo.jp/shellstudio/ 遊びに来てね!! HP:shellstudio ブログ:金沢古都暮らし



“お友だちがガブッと。” への2件のフィードバック

  1. はるママ より:

    はじめまして。
    保育園について色々調べていたら、ここのページにたどり着きました。私は2歳11カ月と1歳7カ月になる男の子の二児ママをしています。実は、来月あたりから保育園の中途入所をしよう思っていまして…。ママっこで、ヤンチャな彼らが本当に大丈夫かととても心配していたところでした。
    ですが、中川さんのこの記事を読ませて頂いて、なんだかすごく励まされたというか、安心できました。ただでさえ普段何事も気にしすぎる私なので、人様のお子さんに何かしてしまったら…と考えては相手方への頭の下げ方などをシュミレーションしていましたが、もう少し気楽に考えてもいいのかな…なんて☆長々と書いてしまいましたが、あまりにも私の不安を解消してくれた記事だったのでつい興奮してしまいました(笑)
    こらからも中川さんの記事拝見させていただきます☆

    • 中川奈々子 より:

      こんにちは、お返事が遅くなってごめんなさい。
      そして嬉しいコメントありがとうございます!
      安心できたとの事、本当に嬉しい!

      私も最初の子のときはドキドキしましたよー。
      もちろん最初にガブッとやられたときもドキドキしました(笑)
      でもここにも書いたように、すぐにお互い様になりました。あはは。

      これからもぜひぜひお付き合いくださいね!

コメントを残す